大阪のインプラントは当インプラントセンターにお任せ下さい。

  • ホーム
  • 医院案内
  • 治療例
  • 治療費と治療期間
  • インプラントQ&A
  • お問い合わせ

インプラント用語解説

インプラント用語解説

アストラテックインプラント

スウェーデンにあるアストラテック社の製品です。アストラテック社は、国際的にもトップクラスの製薬会社アストラゼネカグループの一員です。全世界の患者さんに最高品質の製品とサービスを提供しています。

アバットメント

骨の中に入れられたインプラントと、その上にかぶせる人工の歯とをつなぐ、歯ぐきを貫通する部品です。

インプラント

チタンによって作られたねじのような形をしたもので、顎の骨の中に入れて、新しい歯のためのしっかりした根として働きます。その上にクラウンやブリッジあるいは義歯などの人工の歯を取り付けることができます。

再生医療

事故や歳を重ねるとともに失った歯肉や骨や歯を再生するという、最新で高度な医療技術です。

歯科用CTスキャナ

一般によく聞くCTとは、コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、骨の中の状態を3次元的に知ることができる装置です。歯科用CTとは、近年開発された歯科向けにつくられたCT装置です。歯科用CTでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安心な治療への第一歩です。

ホワイトニング

自分の歯を削ることなく、白くする方法です。ホワイトニングには2種類あります。

1.ホームホワイトニング

歯科医院で患者様ご自身のマウストトレーを作製し、そのトレーをご自宅に持ち帰りご自身で行う方法です。歯科医師の指導に従い行います。

2.オフィスホワイトニング

歯科医院で行う方法で、ホワイトニング材を歯の表面に塗り、レーザーや光を当て1回である程度の効果は現れます。当院ではホームホワイトニングをお薦めしています。

ブリッジ

失った歯の両側の歯を削り、失った部分の人工の歯をつなげて橋渡しをして支えるかぶせ物のこと。

骨増生手術

歯を支える骨を増やす(骨移植・骨再生誘導等)方法によってインプラント治療を行う状態にする手術です。骨移植術、GBR、サイナスリフトなどの種類があります。

GBR

GBRとは、Guided Bone Regenerationの略で、日本語では骨誘導再生法と呼ばれています。骨が少ない方の場合に、骨を増やす方法です。インプ ラントをしようと思っても十分な骨の量がない場合、用いられるテクニックです。

サイナスリフト

上顎の奥歯の上の部分には、上顎洞と言って、頭蓋骨の中に穴の開いた部分(空洞)があります。通常のインプラントは、上顎洞の下の骨の部分に埋め込むわけですが、骨が足りない場合があります。そういう時に、上顎洞を持ち上げて骨を足してインプ ラントを埋め込む手術方法です。

上部構造

インプラントをして、最終的に被せる人工の歯のこと。補綴物とも言います。

当院で行っている再生医療について

「再生医療」とは臓器や組織機能を再建する医療技術の総称とされています。(再生医療支援機構HPより)
予知性の高いインプラント治療のためには、インプラント埋入部位周囲に十分な骨量の存在が望まれます。
われわれのHP上に記載されている再生医療とは、インプラント治療の予知性向上のために、歯周病や、歯の喪失に伴って失われた顎骨の組織を再建することを指します。

具体的には、必要に応じて選択的に骨の再生を図るGBR法や副鼻腔内に人工材料である骨補填剤や自家骨を移植し骨量の増加を図る上顎洞底挙上術などがあります。
当院で行っているこれらの治療法は、いわゆるiPS細胞や幹細胞などの技術を応用した細胞や組織の移植とは異なる医療です。
しかし広義においてはいずれも「再生医療」の定義に当てはまるものであるため、当院ではインプラント治療や歯周病治療のための骨再生に関して「再生医療」という用語を使用しています。


Copyright 2011 大阪インプラント・再生医療センター河村歯科医院 All rights reserved.