大阪のインプラントは当インプラントセンターにお任せ下さい。

  • ホーム
  • 医院案内
  • 治療例
  • 治療費と治療期間
  • インプラントQ&A
  • お問い合わせ

インプラント治療の流れ

STEP1:無料カウンセリング

STEP1:無料カウンセリング

現在のお口の状態、お悩み、ご希望などをお聞かせください。各種口腔内検査を行い、ご希望があればレントゲン撮影をさせていただいた上でインプラントにかかる期間や方法、費用などについてご説明いたします。

STEP1:無料カウンセリング

STEP2:検査

STEP2:検査

インプラント治療に必要な各種検査、診査を行います。当医院ではCTも完備しておりますので、より正確な診査が可能となっております。全身の健康状態に配慮した治療を行うため、全身検査もさせていただいております。

STEP2:検査

STEP3:治療計画立案

STEP3:治療計画立案

インプラントの本数、治療にかかる期間、費用等について計画を立てます。補綴処置や事前処置、増骨術の必要の有無、インプラントの本数によって治療計画は異なってきます。CT画像を用いて正確な骨の形状を把握した上で、患者様一人一人にとって最もよい治療計画を立てさせていただきます。

STEP3:治療計画立案

STEP4:前処置

STEP4:前処置

インプラント治療を開始するにあたって、まずお口の中の環境を整えます。これは非常に大切な処置でインプラント手術の成功のキーポイントになります。具体的には歯を抜いたり、歯周治療、虫歯の治療、仮歯の作成などがこれにあたります。

STEP4:前処置

STEP5:手術

STEP5:手術

手術に際して感染は大きなリスクとなります。そのリスクを排除するため当医院では手術室を完備しております。術者も普段の白衣とは違い滅菌した手術着を着用し、手術器具も滅菌したものを使用しています。手術中は血圧や血液中の酸素濃度、脈拍などを装置を用いて監視しております。又、手術中の患者様のストレスを軽減するため静脈内鎮静も行っております。 手術は歯肉や頬が腫れることがありますが一週間ほどで元に戻ります。痛みについても個人差はありますが、翌日以降はほとんど生じません。

STEP5:手術

STEP6:仮歯

手術直後には今までお使いいただいていた義歯を修理してお使いいただくか、新たに仮歯を作成させていただいております。手術直後は手術をした部分に負担をかけない方がいいので義歯の使用は約一週間後になります。

STEP6:仮歯

STEP7:人工歯の作成

インプラントは大きく分けると三つのパーツから成り立っています。骨の中に埋め込まれるインプラント体、インプラント体の上に取り付ける人工の歯、インプラント体と人工の歯をつなげるアバットメントの三つのパーツから成り立っています。インプラント体と顎の骨がくっついたら、人工の歯を取り付けます。人工の歯を装着したら治療は終了です。

STEP7:人工歯の作成

STEP8:メンテナンス

インプラントを長くお使いいただくためにメンテナンスは必要不可欠になります。インプラントは天然歯よりも口の中の細菌による感染に弱いからです。3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月を目安にメンテナンスさせていただきます。具体的にはお口の清掃状態、・噛み合わせのチェック、インプラントと周りの骨の状態を知るためにレントゲン撮影などをさせていただきます。当医院ではメンテナンスの費用は頂いておりません。



インプラントの比較検討はご相談窓口から

大阪インプラント再生医療センターではインプラントのご相談窓口を設置し、事前相談を無料で行なっております。

『私にはどんなインプラントが最適なのか?』
『どこの医院でインプラントをするのがご自身にとってベストなのか?』

ご相談窓口ですっきり解決していただき、あなた様が最良のインプラントセンターと出会うキッカケになれば幸です。
大阪インプラント・再生医療センター(河村歯科医院内)
センター長 :河村達也 >>プロフィール

お電話(フリーダイアル)インプラントご相談窓口 0120-86-2418

平日9:30~13:00 14:00~18:30 (日・祝休診日)

当院で行っている再生医療について

「再生医療」とは臓器や組織機能を再建する医療技術の総称とされています。(再生医療支援機構HPより)
予知性の高いインプラント治療のためには、インプラント埋入部位周囲に十分な骨量の存在が望まれます。
われわれのHP上に記載されている再生医療とは、インプラント治療の予知性向上のために、歯周病や、歯の喪失に伴って失われた顎骨の組織を再建することを指します。

具体的には、必要に応じて選択的に骨の再生を図るGBR法や副鼻腔内に人工材料である骨補填剤や自家骨を移植し骨量の増加を図る上顎洞底挙上術などがあります。
当院で行っているこれらの治療法は、いわゆるiPS細胞や幹細胞などの技術を応用した細胞や組織の移植とは異なる医療です。
しかし広義においてはいずれも「再生医療」の定義に当てはまるものであるため、当院ではインプラント治療や歯周病治療のための骨再生に関して「再生医療」という用語を使用しています。


Copyright 2011 大阪インプラント・再生医療センター河村歯科医院 All rights reserved.