大阪のインプラントは当インプラントセンターにお任せ下さい。

  • ホーム
  • 医院案内
  • 治療例
  • 治療費と治療期間
  • インプラントQ&A
  • お問い合わせ

骨増生手術ボーングラフト

骨が薄い方のインプラント治療

骨が薄くなってしまった場合・・・

歯を失ってから時間が経つと、抜けた部分の歯肉が縮んでしまいます。 これは、骨が吸収していってしまうためです。顎の骨が薄くなってしまうと、インプラントを埋入するための十分なスペースが確保できません。以前は、このようなケースではインプランを諦めなければなりませんでしたが、現在では骨の治療を行う事により、インプラントができるようになりました。

骨の治療:ボーングラフト

ボーングラフト

1.
前歯部の歯がなくなった場合に、唇側の歯槽骨が吸収を起こし、歯槽骨が薄くなってしまうことがよくあります。
このような場合には、インプラントの埋入の前に歯槽骨のスペースを確保する治療を行います。


上顎中切歯

ボーングラフト

2.
前歯部が抜けてしまった場合、図のような歯槽骨の吸収を示すことが多くあります。

 
骨吸収を起こしている部分


本来の天然歯が萌出していた場所。

粉砕した移植骨または骨補填材

骨補填材

骨プロックを固定するスクリュー


移植骨のブロック


3.
歯槽骨が吸収した部分に移植骨のプ□ツクを設置し、周囲の間隙に粉砕した移植骨あるいは骨補填材を詰めます。移植骨プ□ツクは、動かないようにスクリューで固定します。

骨補填材

4.
移植した骨が歯槽骨と同化したら、通常のインプラント治療を行います。
歯槽骨にとってインプラントは、天然歯の歯根と同じ様な役割を果たし、歯槽骨内に適正な機能圧を加えるので、歯槽骨の吸収を抑える効果も持っているのです。

当院で行っている再生医療について

「再生医療」とは臓器や組織機能を再建する医療技術の総称とされています。(再生医療支援機構HPより)
予知性の高いインプラント治療のためには、インプラント埋入部位周囲に十分な骨量の存在が望まれます。
われわれのHP上に記載されている再生医療とは、インプラント治療の予知性向上のために、歯周病や、歯の喪失に伴って失われた顎骨の組織を再建することを指します。

具体的には、必要に応じて選択的に骨の再生を図るGBR法や副鼻腔内に人工材料である骨補填剤や自家骨を移植し骨量の増加を図る上顎洞底挙上術などがあります。
当院で行っているこれらの治療法は、いわゆるiPS細胞や幹細胞などの技術を応用した細胞や組織の移植とは異なる医療です。
しかし広義においてはいずれも「再生医療」の定義に当てはまるものであるため、当院ではインプラント治療や歯周病治療のための骨再生に関して「再生医療」という用語を使用しています。


Copyright 2011 大阪インプラント・再生医療センター河村歯科医院 All rights reserved.