大阪のインプラントは当インプラントセンターにお任せ下さい。

  • ホーム
  • 医院案内
  • 治療例
  • 治療費と治療期間
  • インプラントQ&A
  • お問い合わせ

治療例

インプラント症例1

インプラント症例1

費用について 治療期間について 備考欄

診断料 ¥50,000
欠損1歯 ¥350,000

欠損1歯内訳
インプラント埋入手術 ¥230,000
インプラント上部構造 ¥120,000

治療期間
約3~5ヶ月

・手術は無痛麻酔(静脈内鎮静法)と局所麻酔を併用して行いますので、患者様にかかる負担は最小限です。
・インプラントの本数が多数の場合、費用または、期間については相談に応じます。
・他医院でインプラント治療が難しいと言われた方、是非ご相談下さい。

インプラント症例2

インプラント症例2

費用について 治療期間について 備考欄

診断料 ¥100,000
欠損2歯 ¥700,000

欠損2歯内訳
インプラント埋入手術 ¥460,000
インプラント上部構造 ¥240,000

治療期間
約6ヶ月

・手術は無痛麻酔(静脈内鎮静法)と局所麻酔を併用して行いますので、患者様にかかる負担は最小限です。
・インプラントの本数が多数の場合、費用または、期間については相談に応じます。
・他医院でインプラント治療が難しいと言われた方、是非ご相談下さい。

インプラント症例3

インプラント症例3

費用について 治療期間について 備考欄

診断料 ¥100,000
欠損4歯 ¥1400,000

欠損4歯内訳
インプラント埋入手術
¥920,000
インプラント上部構造
¥480,000

治療期間
約7~9ヶ月

・手術は無痛麻酔(静脈内鎮静法)と局所麻酔を併用して行いますので、患者様にかかる負担は最小限です。
・インプラントの本数が多数の場合、費用または、期間については相談に応じます。
・他医院でインプラント治療が難しいと言われた方、是非ご相談下さい。

インプラント症例4

インプラント症例4

費用について 治療期間について 備考欄

診断料 ¥100,000
欠損13歯 ¥3860,000

欠損13歯内訳
インプラント埋入手術
¥2300,000
インプラント上部構造
¥1560,000

治療期間
約6~8ヶ月

・手術は無痛麻酔(静脈内鎮静法)と局所麻酔を併用して行いますので、患者様にかかる負担は最小限です。
・インプラントの本数が多数の場合、費用または、期間については相談に応じます。
・他医院でインプラント治療が難しいと言われた方、是非ご相談下さい。

インプラント症例5:上の前歯を1本失った場合

上の前歯を1本失った症例です。
丸印の部位の歯が欠損しています。

失った部分にインプラントを1本埋入して、上部構造(アバットメント)を装着しました。

人工の歯をかぶせて治療が終了した状態です。

従来は、健全な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。

見た目もとても自然で天然歯のようです。

レントゲン写真です。
向かって右上にインプラントが埋入されているのが、おわかりいただけると思います。

インプラント症例6:下の奥歯を1本失った場合

下の奥歯を1本失った症例です。

失った部分にインプラントを1本埋入して、上部構造(アバットメント)を装着しました。

人工の歯をかぶせて治療が終了した状態です。

人工歯の素材はセラミックなので、歯の色がとてもきれいです。

レントゲン写真です。
向かって右下にインプラントが埋入されているのが、おわかりいただけると思います

インプラント症例7:下の奥歯を数本失った場合

下の奥歯を4本失った症例です。

従来ならば、治療の選択肢は局部的な入れ歯をいれるしかありませんでしたが・・・

失った部分にインプラントを4本埋入して、上部構造(アバットメント)を装着しました。

人工の歯をかぶせて治療が終了した状態です。

入れ歯と違ってバネがかからないので、見た目もとてもきれいです。また、入れ歯特有の違和感もありません。

レントゲン写真です。
向かって右下にインプラントが4本埋入されているのが、おわかりいただけると思います。

インプラント症例8:上の歯をすべて失った場合

上の歯をすべて失った症例のレントゲン写真です。 従来ならば、総入れ歯になるケースですが・・・

インプラントを埋入するためレントゲン写真を元に治療計画を立てます。

インプラント治療が終了した状態です。

食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。

インプラント埋入後のレントゲン写真です。

当院で行っている再生医療について

「再生医療」とは臓器や組織機能を再建する医療技術の総称とされています。(再生医療支援機構HPより)
予知性の高いインプラント治療のためには、インプラント埋入部位周囲に十分な骨量の存在が望まれます。
われわれのHP上に記載されている再生医療とは、インプラント治療の予知性向上のために、歯周病や、歯の喪失に伴って失われた顎骨の組織を再建することを指します。

具体的には、必要に応じて選択的に骨の再生を図るGBR法や副鼻腔内に人工材料である骨補填剤や自家骨を移植し骨量の増加を図る上顎洞底挙上術などがあります。
当院で行っているこれらの治療法は、いわゆるiPS細胞や幹細胞などの技術を応用した細胞や組織の移植とは異なる医療です。
しかし広義においてはいずれも「再生医療」の定義に当てはまるものであるため、当院ではインプラント治療や歯周病治療のための骨再生に関して「再生医療」という用語を使用しています。


Copyright 2011 大阪インプラント・再生医療センター河村歯科医院 All rights reserved.