大阪のインプラントは当インプラントセンターにお任せ下さい。

  • ホーム
  • 医院案内
  • 治療例
  • 治療費と治療期間
  • インプラントQ&A
  • お問い合わせ

入れ歯との違い

従来の治療法:入れ歯

良い点

ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効です。
ブリッジのように健全な歯を削らずに補えます。
(削る替わりにバネで固定する場合もあります。)

留意点

バネによる隣の歯への負担が大きい。
噛む力が健康な状態に比べて30~40%くらいになります。
取り外して手入れをする必要があります。
すぐにガタつきやすい。
口の中に違和感を感じやすい。
食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすいと思われます。

治療費用

保険適用材料を使用する場合はその保険点数内です。
使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もあります。

インプラント

良い点

天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができます。
噛む力は天然歯の約80%回復することが出来るので、固いものを噛むことが出来るようになります。
隣の歯を削る必要がありません。
見た目が天然歯に近い。
良く噛めることは全身的な健康にも良い影響を与えます。

留意点

インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要です。
全身の疾患がある場合には治療できない場合があります。
インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。

治療費用

インプラントは保険適用外であるので自由診療となります。
手術の難易度、埋め込み本数により必要な費用が算定されます。

十分な説明を受けて、有益性とリスクを良く考えて決めましょう

インプラントの比較検討はご相談窓口から

大阪インプラント再生医療センターではインプラントのご相談窓口を設置し、事前相談を無料で行なっております。

『私にはどんなインプラントが最適なのか?』
『どこの医院でインプラントをするのがご自身にとってベストなのか?』

ご相談窓口ですっきり解決していただき、あなた様が最良のインプラントセンターと出会うキッカケになれば幸です。
大阪インプラント・再生医療センター(河村歯科医院内)
センター長 :河村達也 >>プロフィール

お電話(フリーダイアル)インプラントご相談窓口 0120-86-2418

平日9:30~13:00 14:00~18:30 (日・祝休診日)

当院で行っている再生医療について

「再生医療」とは臓器や組織機能を再建する医療技術の総称とされています。(再生医療支援機構HPより)
予知性の高いインプラント治療のためには、インプラント埋入部位周囲に十分な骨量の存在が望まれます。
われわれのHP上に記載されている再生医療とは、インプラント治療の予知性向上のために、歯周病や、歯の喪失に伴って失われた顎骨の組織を再建することを指します。

具体的には、必要に応じて選択的に骨の再生を図るGBR法や副鼻腔内に人工材料である骨補填剤や自家骨を移植し骨量の増加を図る上顎洞底挙上術などがあります。
当院で行っているこれらの治療法は、いわゆるiPS細胞や幹細胞などの技術を応用した細胞や組織の移植とは異なる医療です。
しかし広義においてはいずれも「再生医療」の定義に当てはまるものであるため、当院ではインプラント治療や歯周病治療のための骨再生に関して「再生医療」という用語を使用しています。


Copyright 2011 大阪インプラント・再生医療センター河村歯科医院 All rights reserved.