大阪のインプラントは当インプラントセンターにお任せ下さい。

  • ホーム
  • 医院案内
  • 治療例
  • 治療費と治療期間
  • インプラントQ&A
  • お問い合わせ

インプラント学会@名古屋

インプラント学会@名古屋

皆様こんにちは。歯科衛生士の工藤です。

最近は一気に秋らしく、肌寒くも感じてきましたが体調などは崩されていませんでしょか?

私は先日、日本口腔インプラント学会主催の第46回のインプラント年次学会に院長先生と共に参加してきました。

IMG_3414.JPG


インプラントにおける様々な新しい知識を吸収してきました。

歯科衛生士の力の発揮所である、メインテナンスやインプラント周囲炎についても沢山の科学的根拠を吸収できる機会となり、日々の臨床に役立てたいと思います。
また私個人は歯科衛生士の懇親会にも参加し、各地域様々な場所で活躍されている歯科衛生士の方々とも情報交換ができとても有意義な時間を過ごすことができました。

IMG_3488.JPG

インプラントで違和感を感じることがあれば、いつでもお声がけくださいね。

以上です。よろしくお願いいたします。

河村歯科医院 工藤彩加

▼まずは、お気軽にご相談ください。
河村歯科医院 
電話:06-6204-5577
http://www.kawamura-shika.net/

▼インプラントなら
大阪インプラント再生医療センター河村歯科医院
http://www.kawamura-dental.com/

当院で行っている再生医療について

「再生医療」とは臓器や組織機能を再建する医療技術の総称とされています。(再生医療支援機構HPより)
予知性の高いインプラント治療のためには、インプラント埋入部位周囲に十分な骨量の存在が望まれます。
われわれのHP上に記載されている再生医療とは、インプラント治療の予知性向上のために、歯周病や、歯の喪失に伴って失われた顎骨の組織を再建することを指します。

具体的には、必要に応じて選択的に骨の再生を図るGBR法や副鼻腔内に人工材料である骨補填剤や自家骨を移植し骨量の増加を図る上顎洞底挙上術などがあります。
当院で行っているこれらの治療法は、いわゆるiPS細胞や幹細胞などの技術を応用した細胞や組織の移植とは異なる医療です。
しかし広義においてはいずれも「再生医療」の定義に当てはまるものであるため、当院ではインプラント治療や歯周病治療のための骨再生に関して「再生医療」という用語を使用しています。


Copyright 2011 大阪インプラント・再生医療センター河村歯科医院 All rights reserved.